子供がよく発生する病気

急性中耳炎(Acute otitis media)とは、一番多い中耳炎で比較的幼い子供によく発症する病気です。強烈な耳の痛みや38℃台の発熱、鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(みみだれ)などのさまざまな症状が出るのです。
スギ花粉症などの病状(水っぱな、鼻詰まり、連発するクシャミ等)のために夜間しっかり睡眠を取れないと、そのために睡眠不足に陥り、次の日起床してからの行動に悪いダメージを及ぼすこともあります。
既に歯の表面の骨を減らしてしまうほど酷くなってしまった歯周病は、残念ながら病状自体が安定することはあっても、失ったエナメル質が元の量に復元されることはないに等しいと言われています。
肥満(obesity)は当然摂取する食物の種類や食生活の質、運動不足などが素因ですが、同量の食事をとっていても、あっというまに食べ終わる「早食い」をすることによって脂肪過多に陥っている肥満を招きやすくなると考えられています。
患者数が増加しているうつ病は脳内の神経伝達物質の「セロトニン」が不足することにより、不眠、気分の落ち込み、強い疲労感、食欲の低下、体重減少、強い焦燥感、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症になると自殺企図等の辛い症状が出現するのです。
「ストレス」というのは、「溜めないようにするもの」「取り去るべき」ものと思いがちですが、実を言うと、人間は様々な種類のストレスを抱えるからこそ、生き延びていくことが可能になるのです。
体脂肪量には変化が見られず、体重が食物の摂取や排尿等によって一時的に増減するような時には、体重が増加すると体脂肪率は低下し、体重が減少した人は体脂肪率が上昇します。
道路交通事故や屋根からの滑落など、非常に強い負荷がかかった場合は、複数の場所に骨折がもたらされてしまったり、開放骨折に至ったり、酷い時は内臓が破裂してしまうこともよくあります。